カテゴリー別アーカイブ: エステサロン経営

成功するエステ経営論

従業員を集めることを求人と言い、お客さんを集めることを集客という。
対象が違うだけで本質的に同じことを行っています。
ゆえに集客がうまく行っているところは従業員集めもうまくいくはずです。
仮に今うまく行ってなかったとしても何かきっかけがあればポンと行く可能性があります。

 

お客さんが継続して買ってくれることをリピートと言い
従業員が長く続けてくれることを定着といいます。
これも対象が違うだけで本質的にやることは同じです。

 

お客さんでも従業員でもどうすれば続けてくれるかを本気で考え、
実践していくことで継続度は高まるはずです。

 

ところが、考えることに時間を割かず値引きや回数サービス、
おまけだけに頼りきっているとすればお客様が離れるのはそれほど難しくありません。
他に魅力的な条件があれば簡単に移ります。

 

それに値引き、値下げはサロンの体力を確実に圧迫します。
多くの場合、半永久的に続けるのは無理があります。

 

同様に従業員も条件だけでは長くはつなぎ留められません。
※詳しくはハーズバークの動機付け要因をグーグル先生で調べてみてください。

 

従業員の気持ちは日々変動しています。特にエステティシャンは激しいです(笑)
店長に責められたり、ミスが続けば辞めたくなりますし、
お客さんに褒められれば天にも登る。
「もう辞める」「頑張って続けよう」毎日その繰り返しです。

 

お客様でも従業員でも関係性を築き、
時間の流れとともに結びつきが強くなった結果としての「継続」が理想ですし、強力です。
それは条件やテクニックより気持ちの充足によって、もたらされます。

 

さて、このコラムでは主にエステティシャンの求人、採用について述べてきました。
実は求人でも集客でもリピートでも定着でも突き詰めていくと、その要諦には共通点が多いことがわかります。そのキーワードを見出だすことでサロン運営は円滑に行き、間違いなく商売は繁盛していきます。

繁忙期を迎え、皆様の益々のご発展をお祈りいたします!

追伸

今回でちょうど60回目のコラムとなりました。
人間で言えば還暦、赤ちゃんに戻る時です。

エステティシャン求人論は一旦筆を置こうと考えています。(来週も書いたりして^^)
しばらく充電して、準備が整えば、どこかで新シリーズを始めるかもしれません。
その時にはまた、お読みいただけたら嬉しく思います。

今までありがとうざいました。

 

☆ご感想・お問い合わせは下記までお送り下さい。
恐れ入りますがスパム防止のため◆を@に変換してお送り下さい。
info◆combarose.co.jp

第29回 伸びしろはあるか問題。

個人の成果は性格・能力と環境との掛け算である。
◎B行動=P(能力や性格)×E(環境)

以上の方程式の説明が前回までの復習です。
今日はこの方程式から売上面や求人面での効果を得る考え方をお伝えします。

掛け算には次のような性質がありますよね。
・同じ答えを得る掛け合わせは複数ある
・ゼロを掛けると結果はゼロ

例)掛けて10になる組み合わせ⇒四通り・・・2×5、5×2、10×1、1×10
二つの掛け算の場合、10になる組み合わせは四つある。一つにこだわらなくていい。
これを目標達成のやり方に当てはめてみると次のように言えます。
(二つの)伸びしろを見て、どちら(または両方)がアップさせやすいかを判断し、
改善、修正すれば目標となる数値は達成できる。

例えば、売上げ目標の達成はエステティシャン個人の経験が浅くても、
能力がゼロでなければサロンの販売力、売る仕組みによって十分にクリアできる
という考え方です。

スタッフの経験値が浅い場合には出来ないことがたくさんあり、
覚えることで個々の能力はグンと引上がり上手く行けば大きな売上UPも期待できます。
では、ある程度経験を積んできた社員はどうでしょう?
店長からの叱咤激励だけで急激、大幅な成長は期待できるものでしょうか。
参考)第21回 カウンセラーの求人(2)

一方のサロン環境です。
サロン環境は、職場環境に始まり、運営体制(集客、商材の準備、キャンペーン・企画の準備、人員構成・・・)、勤務条件などがあります。要素としては多岐にわたります。
前回も触れましたが特に運営体制は十分な点検をせず、あるいはスルーして手つかずではないでしょうか。

エステティックサロンのキャンペーンと言えば普通、
値引きかプレゼント(おまけ)のどちらかです。クリスマス20%OFF、新春半額セールとか・・・。
季節のイベントそっくりを冠名にし、売りやすいものを割引(値引)するだけ。
そこに工夫の跡は見られません。

集客に使うクーポン系サービスも割引というディスカウントのみ。
裏を返せばサロン環境の伸びしろは十分にある。
この改善、工夫により売上UPを目指すのです。

ある都下の個人サロンの話です。
直接営業しなくても一枚の紙で「それ、もらっておくわ」と
お客様が購入することが珍しくないそうです。
(これで毎月の売上数字の見込みが立てられるそうです!)
仕掛け、仕組みの有効性とともにサロンへの信頼力の高さを物語っています。

売上を個人の能力だけに頼らず、環境で作っていく。
それはこういう風に言い換えができます。
『売上はサロン環境でコントロールできる』

さて、次回は年末のどさくさに紛れて本音を書いてみようと思います。
初めてのことでもあり、内心、あまり読んでほしくないな、、、というのが今の本音です(笑い)
※今回手が回らなかったこの方程式の求人活用など、次回にあわせて書く予定です。

☆ご感想・お問い合わせは下記までお送り下さい。
恐れ入りますがスパム防止のため◆を@に変換してお送り下さい。
info◆combarose.co.jp