カテゴリー別アーカイブ: エステティシャン求人

社員の紹介による採用ってどう?

採用の方法はいくつかありますがその中にスタッフの友人、知人からの紹介というものがあります。
先日も社員の紹介で経験者を採れたA社長はほっとしたのか「紹介って楽よね~」とご機嫌でした。
確かに楽ですよね(笑)

 

グーグル先生によれば紹介による採用を「リファーラルリクルーティング」と言い、
SNSの普及を背景にアメリカでは既に有力な手段として活用されている、、、らしいです。
果たして、それは日本のエステ求人においても有効なのでしょうか?
考えて行きましょう。

 

「リファーラルreferral」とは耳慣れない言葉ですが【紹介、推薦、委託】といった意味があります。
さらにリファーラルリクルーティングをネットで叩くと「社員からの紹介」「人づて紹介(採用)」「信頼できる人からの推薦」などと表示されています。

 

つまり自社内外からの信頼できる人材からの紹介、推薦による採用方法のことです。
コネ(縁故)とは違うとわざわざ定義されていましたが推薦する人(人脈)との関係性や距離感が幅広くなるだけで広義の意味、実質的には同じだと私は勝手に解釈しました。

 

では、これ(スタッフからの紹介)はエステに適しているのでしょうか?
私たちの印象では入口としては有り、入ってからは△(微妙)といったものです。
どういうわけか、どちらかしか残らないことが往々にしてあるようです。
それに、紹介は不採用の時の断り方や退職の時の申し出が難しいケースが出てきます。

 

ですので「友人から仕事に誘われたんですけど・・・」といった類の転職相談には
諸手を挙げての賛成はできません。
理由は一概にこれだとは言えないのですが、
おそらくは仕事、環境の適性判断ができているとは思えないからです。(長く続かない)

 

エステティックの世界においては
いくら信頼できる人や仕事がデキる人からの紹介、推薦であっても
紹介された人物がその仕事や職場に馴染むかは全くの別問題です。
特にエステティックの場合は後者へフィットするかどうかの判断は簡単ではありません。

 

仲が良い人物、前職で仕事がデキた人物が、新しい環境で力を破棄できるかどうか?
その見極めを紹介してくれる社員や推薦者に委ねるのは酷でしょう。
例)大手サロンで毎月500万あげていたカウンセラーが移った先で
同じ程度の実績をあげられるかの見極め

 

一方、紹介による採用は費用対効果は抜群ですし、
知っているということでの身元が安心できるのは大きなメリットです。
求人媒体と同じように有力な入口としての一つとしての活用と採用に関するルールの周知、
単独ではない仕組み化により新しい強力な求人方法になる可能性は十分に秘めているでしょう。

☆ご感想・お問い合わせは下記までお送り下さい。
恐れ入りますがスパム防止のため◆を@に変換してお送り下さい。
info◆combarose.co.jp

【よく読まれている記事】

お客様のかわりはいても、スタッフのかわりはいません
お客様のかわりはいても、スタッフのかわりはいません(下)
第18回  こうして、あなたは部下に見抜かれる(2)
第28回 「そうだ、サロン変えよう」の思考
第6回 スタッフの入れ替わりに慣れていないか
第9回 求人から見るエステティックの近未来
第4回 面接で熱い人

【本音!?】求人に手間ひま、時間、お金をかけたくない

先日、サロン経営者と求人について打合せをしていた時に
経営者が大きくうなずく場面がありました。

求人の頻度からサロン経営者の本音について述べた時です。
その瞬間、私はエステ経営者の求人マインドに触れた気がしました。

(私)「一般論で言えば求人は1回行ってしまえば、
その後は1年とか2年とか(求人を)しません。
だからあまり、手間、ひま、お金を掛けたくない・・・」

(経営者)「ホント・・そうなんだよね・・・」

 

私が言ったのはあくまでも一般論、原則論。
要は建前です。
エステティックのように人の回転が早く、教育にまで十分に手が廻らない
業界には必ずしも当てはまりません。

一方、経営者の同調は本音に近いものです。
しかもマインドとして方針に反映されている。
故に採用が上手く行かないという結果が残る。

わかっちゃいるけどの心境とでもいいましょうか。
手間ヒマかけて、時間かけて、そこそこのお金をかければいいんだろうけど
一人雇うのにそこまでは・・・とブレーキが掛かる。
ましてや年に1回とか数年に1回のこと。
なおさらその傾向が強くなるのかもしれません。

では、究極の選択。

絶対に1人は採用しなければならないとき、どちらを選びますか。
求人する時は、このどちらかの方針をとっているのですが
どちらの方が可能性があると思います?

A。運にかける(今まで通り)
B。何か変える

今、エステティシャンの求人は「応募がない」と言われています。
『求人が難しい』とはいいません。
ここに大きなギャップが隠れています。

何らかの工夫がなければ一人の採用さえ覚束ない、
難しい時なのです。
当然、今までとは違う何かが必要になってきます。

結果的にエステティシャンの求人は
『手間、時間、お金がかかる』 ようになってしまいました
(20代、30代の経験者採用に限定すれば求人三種の神器は必須!)

求人の頻度や緊急度、サロンの体力は求人に影響を与えます。
しかしこれはあくまでもサロンの事情であり状況です。

求人を成功させる最初の一歩。

それは、【応募がないのではく、求人が難しくなっている】ことを認識することです。
重要なのはサロンの状況と採用できるかどうかは
全くの別物だということを理解すること。
それがわかれば採用できる方針が選択できます。

 

☆ご感想・お問い合わせは下記までお送り下さい。
恐れ入りますがスパム防止のため◆を@に変換してお送り下さい。
info◆combarose.co.jp

【よく読まれている記事】

お客様のかわりはいても、スタッフのかわりはいません
お客様のかわりはいても、スタッフのかわりはいません(下)
第18回  こうして、あなたは部下に見抜かれる(2)
第28回 「そうだ、サロン変えよう」の思考
第6回 スタッフの入れ替わりに慣れていないか
第9回 求人から見るエステティックの近未来
第4回 面接で熱い人