『お客様のかわりはいても、スタッフのかわりはいません(下)』

【インタビュー本文(続き)】

また、戻ってきたいけど通勤の都合でうちには戻れない子には、
業者さんにお願いして、私が見て環境のよい職場に再就職させたりしました。
うちの技術はどこにだして恥ずかしいものではありませんから。

ある日、私の(実の)子供たちが『うちの従業員がさ!』と言ったのですね。

その時に思いました。
私や子供たちが生活できているのは、お客様だけでなく、
この子たちが骨身を惜しまず働いてくれるからだと。

『おまえらが、なんにもしないでごはん食べられているのは、
お姉ちゃんたち(エステティシャン)のおかげだろ!。
今後従業員さんと尊敬を込めて言いなさい』と子供たちには言い聞かせました。
自分で生んだ子もかわいいですが、
私が技術を教えて育てた子も同じようにかわいいですから。

今、自分でサロン経営していて、忙しいのに『先生』と来てくれたりします。
本当にありがたいです。

私の技術は私一代ではなく、子供たちによってこの先ずっと引き継がれていくのだと思うと、
ただただうちで働いてくれたことに感謝の念しかありません。
(話し手:H先生)

 

エステティックサロン黎明期において、H先生は技術も厳しく教えられたでしょうけれど、
人という個人にちゃんと向き合い、個性や人間性を大切にして、
弟子をまた、エステティック業界に送り出されたのだなと思いました。

元居た従業員の1人に聞いたところによりますと、
H先生の手作りお弁当の日はみんな楽しみに待ってたそうです。
H先生は技術者としてでなく、家庭人としてもみんなの『おかあさん』だったわけです。

時代が変わり、店の作りや住まいの形態、生活事情など今はさまざまですから、
このインタビューがすべてに役立つわけではありません。

けれど、今、多くの離職者を出しているサロン、定着しないサロンが多くある中で、
なにかしらヒントになるものがあるのではと思います。

エステは、人と人の出会いから、始まります。

経営者と従業員。
出会った当初は相思相愛でも月日が経つとその関係に変化が訪れることがあります。
スタッフが辞めることでショックを感じるサロンオーナーや管理職が増えているのは、その代表例です。
離れていくのは結果であり、そこには原因があるはずです。

・従業員を『大事』にしているし、お客様も大切にしている

・従業員を『大事』に出来ていないが、お客様は大切にしている

さて、明るい未来はどちらにあるのでしょう。

☆ご感想・お問い合わせは下記までお送り下さい。
恐れ入りますがスパム防止のため◆を@に変換してお送り下さい。
info◆combarose.co.jp

【よく読まれている記事】

『お客様のかわりはいても、スタッフのかわりはいません』
第18回  こうして、あなたは部下に見抜かれる(2)
第28回 「そうだ、サロン変えよう」の思考
第3回 求人するタイミング(2)
第6回 スタッフの入れ替わりに慣れていないか
第9回 求人から見るエステティックの近未来
第4回 面接で熱い人

『お客様のかわりはいても、スタッフのかわりはいません』

ここ数年、働く環境が社会問題として取り上げられています。
職場は経営者の考え方、意識が明確に反映される場です。
その意味で仕事の全ての結果は経営者の意識からうまれる。
そういって良いでしょう。

エステは人の力で成り立つ商売です。
そしてまた、人(お客さま)と向き合う商売でもあります。
人と人の出会いから、始まる仕事です。

人が商品であるエステティック。
経営者が一番最初に大事にしたほうが良い意識は何なのでしょう。
その手がかりを探るべく、今回、ある地方で数年前に円満リタイアしたエステティック
サロンの元経営者に話をお聞きしました。

【インタビュー本文】

朝、出勤してきた顔を見て、なにかあったのかなかったのかについて気を
配るようにしていました。

中には、体調が悪いのに、予約のお客様のために出勤してくる子がいるか
らです。そういうときは、予約のお客様だけに専念させるとか、予約のお
客様が多いときは、私なり他のものがフォローに回るなどして、最大限で
きることをしました。それでも仕事ができそうにないときは、強制的休ま
せました。

大変申し訳ないですが、お客様のかわりはいても、この子のかわりはいま
せんから。

また、なにかしら悩んでいるように見えたときは、仕事が終わってから飲
みに誘うのではなく、ランチの時間を1時間よけいにとって話を聞きました。
つたないお弁当ですが、私が全員のお弁当を作って、サロン内で昼食をす
ることもありました。みんな私のかわいい子供たちですから。

事情があって誰かが辞めるときは、辞める本人よりも残されたスタッフの
方が動揺していますから、話せる限りの辞める事情はみんなで共有して、
納得できる環境にしていました。

人間ですから、ましてや女性の職場ですから、一時離れて違うことをして
みるのも、決して無駄なことではありません。

その上で、またうちの店に戻ってきたいと申し出た子には、喜んで復帰し
てもらって、離れてた時期の体験をお客様に還元してもらいました。
(次回に続きます・・・)

☆ご感想・お問い合わせは下記までお送り下さい。
恐れ入りますがスパム防止のため◆を@に変換してお送り下さい。
info◆combarose.co.jp

【よく読まれている記事】

第18回  こうして、あなたは部下に見抜かれる(2)
第28回 「そうだ、サロン変えよう」の思考
第3回 求人するタイミング(2)
第6回 スタッフの入れ替わりに慣れていないか
第9回 求人から見るエステティックの近未来
第4回 面接で熱い人